金木犀

By 2019年11月5日 コラム, 雑記

少し前まで家の横には金木犀(きんもくせい)が咲いていました。

10月中頃ですかね。玄関を開けるとふわっと香りました。

今ではこういう自然の香りを化学的にいくらでも作れる時代。

まるでトイレの芳香剤のようだと感じた自分が悲しくなりました。

昔の人はきっとこの華やかな香りに秋を感じ、この時期だけの風情として楽しまれたのでしょう。

豊であるとは何なのか。

その香気に不粋な感想をいだいたとしても、金木犀は何も言いません。