私はどちからというと、

治療者の中でも養生の指導を積極的に行う方かも知れません。

養生と一口に言っても、

睡眠なのか、運動なのか、食事なのか、

各患者さまによって重視するべきものが違います。

病を見極めた上で、患者さまに合った養生を探し出していく。

的確な養生を探し出すということが、

処方を決定するのと同じくらい、改善へと向かうためには大切だと、経験上分かってきたからです。

ただ、養生を指導するというのは、

端的に言えば患者さまに生活を変えてもらう、ということです。

人はそれぞれ置かれている環境が違います。

患者さまの生活はそういう自分がコントロールすることの出来ない環境の中で、

どうにかバランスを保ちながら出来上がっていたものです。

それを変える、ということは、本当に大変なことだと思います。

生活に流されないようにする。

川の流れに逆らうような、そういう努力と毎日毎日向き合わなければなりません。

しかも指導する養生は、時に患者さまがしたいと思っていることとは真逆だったりします。

これ以上痩せたくない。とにかく食べれるようになりたいし、食べたい。

しかし今はお腹いっぱいまで食べてはならない。そう指導せざるを得ない時もあります。

また仕事や勉強を何とか頑張りたい。寝る間も惜しいくらい、どうしても頑張りたい。

しかし今は寝なければならない。そう指導せざるを得ない時もあります。

様々な苦しみを伴う養生。

にもかかわらず、当薬局におかかりになっている患者さまたちは、本当に頑張ってくれています。

頭で理解していても、それを行動に起こすことは難しい。

しかし皆さんは本当に頑張って、その困難に向き合ってくれています。

かならず良くなります。

そして良くなれば、今度はそれは努力ではなくなります。

その生活が当たり前になり、努力するまでもなく、自然とそう出来るようになっていきます。

そういえば、あの時はそんな生活してたよね私。

そう言える時が必ず来るはずです。

励ましではありません。今まで私が見てきた真実です。

こうしていると調子よい、これをすると調子悪くなる、そういう実感を伴える養生が見つかったならば、

そしたらもう、それを守り続ければ、必ず良くなります。

今のあなたに、未来のあなたを、会わせてあげたいです。

今のあなたにきっとこう言ってくれます。がんばってくれてありがとう、と。

あなたの努力に、誰よりも深く感謝してくれるはず。

なぜならば、未来のあたなを救ってくれる人、それは今のあなただから。

私が大好きなこの言葉は、ただただ真実です。