1月だというのに、

なんと暖かな気候なのだろう。

一昨日雨が降ったあと、生ぬるい夜風が吹いた。

そして昨日は晴天。コート要らずの暖かさである。

気持ち良いと言えば気持ちの良い気候。しかし私には危惧がある。調子を悪くされる患者さまが増えるからである。

特に自律神経に乱れをもっていらっしゃる患者さま。おそらく未だ治療を始めたばかりの方々には、この気圧差・寒暖差が辛いはずである。

また悪くなっちゃったのかな・・・。なぜ治らないんだろう・・・。

いたたまれない不安の中で、そう思われている方々が多いと思います。

でも、大丈夫です。

気候は人に強く影響を与えますが、かならず変化します。

一時的にこんな天候になっていますが、また必ず安定してきます。

そして根気よく治療を続けていけば、天候に左右されにくい体に必ずなります。

お伝えしている養生を、諦めずに続けていきましょう。

そうすれば、1月はじめのあの時は辛かったよねと、笑って話せるようにきっとなります。

未来のあなたを救ってくれる人、それは今のあなたです。