「ランブルストリップス」というものをご存知でしょうか?

先日、仕事で使うコピー用紙を買いに、文房具店に行きました。

ちょっと距離があるので車で向かいます。

その途中、路肩に泊まった前方の車をよけるため、

少しばかり道路のセンターラインを踏みました。

ガタガタガタガタ。

タイヤがラインのデコボコを踏むことで発生する注意喚起の音。

あのデコボコのことを「ランブルストリップス」と言うそうです。(写真に写っているのは違います)

あの鳴り方、絶妙だなと思いませんか。

あまりに弱すぎると効果はありませんし、

逆に激し過ぎると運転に差し支えます。

しかも速度が早いほど、強く鳴る。注意喚起の効果が高まるわけですね。

今まであまり気にしていなかったけど、

よく出来ているなぁと、あらためて関心してしまいました。

私達は、多くの知恵に支えられて生活しているのだなと。

文房具屋の前に行ったコインランドリーもそうです。

無人でも安全に、誰にでも使用できるように、様々な工夫がなされているはず。

細かくは、てんで分からないけれども。

ランブルストリップスにしたってよくよく考えてみると、

おっと!と違和感を促す音がしっかり出ているにもかかわらず、

タイヤがだめになるとか、返って事故につながるとかの話を今まで聞いたことがない。

繊細なんですね、きっと。

開発者はきっと繊細な想像力を持つ方です。

日本人ってすごいなぁとなんの根拠もなく感じ入ったところで、

グーグル先生に聞いてみたところ発祥はアメリカでした。

アイムソーリー・アメリカ。

私達の生活は世界中の人たちに支えられている。

2020年7月26日(日曜日)・雨