■症例:咳喘息

近年の中・高校生は過酷である。

両親・友達という濃密な人間関係が、SNSの影響で一層複雑さを増した。
そして部活・塾・学校行事・受験というハードスケジュールを駆け抜けていかなければならない。
しかも、成長期という不安定な体で、である。

今回の男の子も、そんな学生の中の一人である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17歳。

大学受験を控えた高校生。
何とか早く良くしたいと、お父様とご一緒に来局された。

テストで3週間ほどずっと集中し続けた。その後、発熱とともに咳が止まらなくなった。
次第に熱は弱まったものの、咳が止まらない。それから2カ月後、咳喘息と診断された。

説明する言葉には喘息特有のか細さがあった。
しかし、できるだけ正確に伝えようとする姿勢がひしひしと伝わってくる。

このまま受験を迎えていいのか。今まで頑張ってきたものが台無しになってしまう。
早く何とかして欲しい、早く改善して欲しい、そういう強い意志が言葉の端々に滲み出ていた。

体調を詳しく伺う。

肉質柔らかく色白。咳は空咳で痰はあまり絡まない。
また今でも夕方に微熱が起こる。そして体が温まると咳が頻発するという。

何よりも顕著なのは疲労感だった。

なるほど、、咳が治りきらないはずである。

不安定な体の上に、睡眠不足や過剰な集中を継続させてしまったのであろう。
残存する咳は、身体の悲鳴、そのものだった。

私は摩耗するボディでアクセルを踏み続ける車を連想した。
ボディは咳の止まらない身体、そしてアクセルは頑張ろうとする意志である。

私は活動しっぱなしのエンジンを落ち着かせる薬方を出した。
その意志をまっとうするために、先ず必要なのはブレーキである。

漢方薬を服用した後、最初のリアクションは「おいしい」だった。

服用後から明らかに咳が引き始めた。
日中の疲労感が減り、夜も熟睡できるようになったという。

来局するたびに、私は「無理は禁物だよ」と言い続けた。
成長期の体は不安定である。案の定、無理をした時には必ず咳が強くなる。

早く治したいという気持ちをコントロールすること。
彼は賢かった。今の状態を知り、自分にとって何が必要なのかすぐに理解してくれた。

そして無理をやめた。充分な睡眠と規則正しい食事。どような生活をすれば改善していくのか、そのコツを掴み、実践してくれたのである。

その後は順調だった。
一月で症状が半分になり、二カ月でほとんど起こらなくなった。
そして念のため三カ月服用したところで、漢方薬を一旦排薬し、治療を完了した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここからが本番である。

彼にとって治療の完了は新たなスタートでしかない。
これから向かう大学受験という勝負、その勝負に勝つことが本当の目標である。

ただ私は、今回の治療を経験したからこそ、頑張ってくれるのではないかと思ってる。
彼は自分を知り、実際に行動した。普通はなかなか出来ないことである。

きっとその経験が役に立ってくれるはず。
遠くから祈る気持ちで、応援しています。

■病名別解説:「喘息・気管支喘息・小児喘息