ちょっと思い出話。

漢方薬の勉強がただただ面白くて、

端から本を読み漁っていた時代。

多分25、6歳の頃だと思うのですが、

本を読むたびに漢方家ってかっこいいなーーっと憧れのようなものを日々感じていました。

その頃の私はまだ患者さまをみてはいなくて、

ただ本の中にある世界に憧れていた。

昭和時代には漢方界のスターが沢山いて、

そういう人たちが残した本から、様々な衝撃を受けては逐一感動していました。

例えば山本巌(やまもといわお)先生の著書『東医雑録』にあるこの言葉、

「カゼは初発(はじめ)に一服で治せ」には心底シビれた。

漢方の基本中の基本である風邪治療、

名医となれば、初めに一発。・・・なんてかっこいいんだと、強い感銘を受けました。

この言葉はけっこう有名で、

当時お会いする先生方も、「漢方家たるものカゼは一服で治せなきゃだめだよ」と公言されていました。

それこそが漢方家としての常識。

私の漢方家のイメージは、こうやって憧れと伴に形作られていったのです。

しかし、一人だけ、

違うことを静かに語られる先生がいらっしゃいました。

「カゼは一服で治せって、あれ、あるでしょう。

あれはね、臨床家の言葉じゃあない。

一服で治すのが臨床家じゃなくて、何服で治すかを見極められるのが臨床家なんだよ」と。

脳天に衝撃を受けたのを、今でも覚えています。

私の漢方家のイメージは、憧れと伴に形作られました。

何度も何度も塗り替えられる憧れ。

そうやって色濃くなったからこそ、まっすぐに漢方の道を進むことが出来ました。

何服で治せるのかを見極めることこそが臨床家。

師匠に言われたこの言葉は、今思い起こせば当時の私を一変させた大切な名言です。

そしてその先、何度も何度も憧れを抱くことになります。

その一つ一つが重なっていく。そうやって、今の私に繋がっています。