2020年の営業初日を経て、

ひしひしと風邪の流行を感じております。

特にお子さまのいらっしゃるご家庭は大変です。

家族中で風邪をうつし合ってしまうからです。

そもそも風邪は、元気な方であってもひく時はひいてしまいます。

「一年に数回は風邪をひいた方が良い」なんておっしゃっているお医者さんもいるくらいです。

身体が強力に活性化されるからというのが、その根拠のようです。

一理ありますが、ひいてみるとやはり辛いです。

そして、お子さまが風邪で苦しむ様子を見ているのもまた、辛いものですよね。

避けようのない一面を持つ風邪。

であるならば大切なことはその対応を知っておくこと。

漢方治療をうまく活用して頂くと良いと思います。

その要点は以下の通り。

1、風邪の引き始めは漢方。

2、熱が高くなっていよいよ辛くなったら病院へ行って検査。

3、病院での治療を一週間。咳が止まらない・食欲がない・微熱が抜けない・なんとなくだるい、などなど、なかなか治りきらなかったら漢方治療を是非併用してください。

漢方治療選択の「順序」が肝要かと。

このあたり、今度詳しく解説しておいた方がよいのかなと。