これから漢方を志す方々へ 3

By 2019年5月30日 コラム

これから漢方を志す方々へ、

どうやって勉強したら良いかと悩まれている方々へ、

少しでもお力になれたらと思い、少しだけ解説するコラムの第3回目。

「本」についてお話ししています。

漢方にまつわる本は沢山ありますが、読むには順序が大事ですよという話。

まずは「歴史」の本を読んでください、と。ここまでが前回。

では次に何を読めばよいのか。

漢方の解説書を大まかに分けると、3つに大きく分かれています。

A、傷寒論や金匱要略・黄帝内経などの古典
B、江戸(明治)時代に書かれたもの
C、昭和(大正)時代に書かれたもの
D、昭和後期から平成に書かれたもの

と、時代によって分かれる。

そして、それぞれに特徴があるのです。

この特徴を利用して読むと、漢方の解釈がスッと入りやすいのではないかと思います。

時代の流れにそってA→B→C→Dと読む、というのは間違い。混乱します。というより頭に入っていかない。進まない。続かない。

まず読むべき本は、

Cの「昭和(大正)時代に書かれたもの」です。

(続く・・・)

これから漢方を志す方々へ 1
これから漢方を志す方々へ 2

これから漢方を志す方々へ 4
これから漢方を志す方々へ 5
これから漢方を志す方々へ 6
これから漢方を志す方々へ 7
これから漢方を志す方々へ 8
これから漢方を志す方々へ 9
これから漢方を志す方々へ 10
これから漢方を志す方々へ 11
これから漢方を志す方々へ 12