【漢方処方解説】柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

2021年04月02日

漢方坂本コラム

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

<目次>

■柴胡加竜骨牡蛎湯を本音で語る
■柴胡加竜骨牡蛎湯の効能・効果:その建前と本音
1、柴胡加竜骨牡蛎湯の適応は、症状だけでは判断できない。
2、桂枝加竜骨牡蛎湯は虚、柴胡加竜骨牡蛎湯は実、という解釈による困惑。
3、そのまま使っても効果は出ない。方意の理解が必須となる処方。
■効かない薬と効く薬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■柴胡加竜骨牡蛎湯を本音で語る

柴胡加竜骨牡蛎湯はパニック障害や自律神経失調症など、動悸や不安感を伴う疾患に頻用されている処方の一つです。さまざまな所で解説されている有名処方ではありますが、正直に申し上げると、飲んでみたけどあまり効果を感じられなかったとおっしゃる患者さまが多い処方でもあります。

この柴胡加竜骨牡蛎湯、実際その使い方となると比較的難しい処方なのではないかと私は感じています。的確に運用されている先生方は実は少ないのではないか、そんな風に思ってしまうのです。

というのも、柴胡加竜骨牡蛎湯はその運用方法がいまいち分かりにくいのです。実際はある状態に驚くほどの効果を発揮する処方です。しかし私もはじめは「どのような場に用いていいのか、いまいち分かりにくい」という印象を強く持っていました。

今では先代の教えや患者さまとのご経験から、この処方の運用のコツを少なからず得ることができました。そうなると、今までなぜ上手く使うことができなかったのか、その理由がわかるようになってきました。

柴胡加竜骨牡蛎湯の適応症がわかりにくいその理由は、現代漢方の基礎を作り上げてきた解説書に原因があります。日本漢方でも中医学でも、これらの理論・理屈ではこの処方の方意を的確に解説することが難しいのです。

現在の漢方治療の基礎を築き上げている情報は、そのほとんどが昭和時代に作られた有名な解説書の引用にしか過ぎません。以前コラムでも説明した通り、その頃書かれた書物の大半が漢方治療を知らない人たちに向けて作られた簡易的な解説書です。

そのため、それらの解説書通りに薬を使用したとしても、ほんの一握りの人にしか効かないという現実があります。柴胡加竜骨牡蛎湯はその簡易的な理屈ではどうしても本質を説明しきれない方剤だからです。

つまり柴胡加竜骨牡蛎湯の適応症がなぜ分かりにくいのかというと、今まで説明されてきた解説を、そのまま鵜呑みにしてしまっているという点にこそ、その原因があります。

本来であれば、簡易的な解説の先に、ちゃんと臨床に通用するような形へとその基礎を発展させて行かなければなりません。しかしそれが広く浸透する形で行われていない、そういう問題点を抱えているのが現行の漢方治療です。

特に今回解説する柴胡加竜骨牡蛎湯はその渦中にある処方といっても過言ではありません。そこで今回は、今までの良く行われてきた説明と、それに対する本音という形で、柴胡加竜骨牡蛎湯という処方を紐解いていきたいと思います。

■柴胡加竜骨牡蛎湯の効能・効果:その建前と本音

柴胡加竜骨牡蛎湯の効能・効果について、解説書やネットなどでは以下のように解説されています。

【良く解説されている柴胡加竜骨牡蛎湯の効能・効果】
体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症更年期神経症小児夜泣き便秘
・柴胡加竜骨牡蛎湯は神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。具体的には、高血圧や動脈硬化にともなう諸症状神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用います。体力が中くらい以上の人で、肋骨下部が張り胸苦しさのある人に向きます。

まず言えること、それは柴胡加竜骨牡蛎湯はこれらの症状をいくら追いかけていても効かせることができない処方だということです。

動悸や不眠があったとしても、それで柴胡加竜骨牡蛎湯が適応するという根拠にはならないのです。便秘は全く関係がありません。高血圧や動脈硬化は確かにと思う側面はあるものの、実際にはそれらが無くても全く問題なく使えます。さらに言えば体力中等度以上という解釈、これは関係がないという以上に非常に曖昧な解釈、つまりそもそも臨床では使えない情報だと言わざるを得ません。

柴胡加竜骨牡蛎湯というのは、「ある種の自律神経の極端な過敏・興奮状態に適応する処方」です。これが本音です。動悸や不眠、高血圧や動脈硬化というのは、そこから派生した枝葉にしか過ぎません。

1、柴胡加竜骨牡蛎湯の適応は、症状だけでは判断できない。

この「極端な過敏・興奮状態」のことを、古典では「胸満煩驚(きょうまんはんきょう)」と呼んでいます。

ある先生はこれを「胸脇苦満・煩躁驚悸(きょうきょうくまん・はんそうきょうき)」の略だと示しています。つまり胸苦しくて息が深く吸えず、不安感や焦りが極まり、音や光などの刺激に恐怖して驚き、そのたびに強く動悸をうつという状態のことを指しています。

これらの症状がある場合ということではなく、あくまでこのような極端な過敏・興奮状態に陥っている状態に適応するという解釈が正しいのです。むしろこの状態に陥っているのであれば、不眠や動悸がなくてもいいし、便秘がなくても血圧が低かったとしても柴胡加竜骨牡蛎湯がちゃんと効果を発揮してくれます。

つまり、柴胡加竜骨牡蛎湯の運用はこの「胸満煩驚」を的確に捉えることができるかという点が全てです。これだけ効くと、それこそ曖昧な適応目標に感じるかもしれません。しかしそんなことはありません。臨床を経験していると、非常に分かりやすく、この「胸満煩驚」という状態を感じることが出来るのです。しかもこちらから聞かないまでも、患者さまの方からこの「胸満煩驚」を表現してくれることも多々あります。具体的には後で述べますが、それほど分かりにくい、曖昧な状態では決してないのです。

ただしこの状態、言葉で正確に述べることが少々難しいのです。どうしても臨床を通して感じる必要がある、そういう「確かな感覚」というものが必要になってきます。この点が、今までの簡易的な解説書では表現しきれなかった理由です。冬から暖かくなり、春の訪れを肌が感じるように、「確かな感覚」という経験があってこそ見極めることが出来るようになります。

ちなみにこの状態、どんな方でも頻繁に陥るというものではありません。どのような方でも陥る可能性はありますが、かなり特殊な状態であることは間違いありません。ただ、ならばあまり使わない処方かというと、そんなこともありません。自律神経が乱れてしまっている方の中には、この状態に陥っている、もしくは陥りそうになっている方が常に一定数いらっしゃる、そんな印象があります。

2、桂枝加竜骨牡蛎湯は虚、柴胡加竜骨牡蛎湯は実、という解釈による困惑。

効いている機序は全くわからないけれども、なぜか実際に効果が出る、そういう不思議な生薬が漢方にはいくつかあります。竜骨(りゅうこつ)と牡蛎(ぼれい)は、まさにそういう生薬です。

化石と牡蠣(かき)の貝殻。しばしば不安感や焦燥感を伴う病態に用いられ、なぜかは分かりませんが実際に効果を発揮します。そういう意味では非常にユニークな生薬で、今後科学的な研究がぜひ進んでほしいなと思います。

これらの生薬を使用した処方として有名なものが、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)柴胡加竜骨牡蛎湯です。竜骨・牡蛎剤として両者は古来よりしばしば比較の対象とされ、その薬能の違いを論じられてきました。

今ある解説で最も多いものは、桂枝加竜骨牡蛎湯は「虚証」に使用し、柴胡加竜骨牡蛎湯は「実証」に使うという解釈です。

「虚証」とは体力が無い・体の線が細い・胃腸の機能が弱々しいなど「虚弱」な体質を示す概念。反対に「実証」とは体力充実し・体つきが頑丈で・食欲も旺盛であるという「充実」した体質を示す概念だと言われています。

先の柴胡加竜骨牡蛎湯の適応症の中に「体力中等度以上で」と記載してあるのはこれを示しています。つまり虚証に使われやすい桂枝加竜骨牡蛎湯と比較して体力は充実してますよ、という解釈を適応の中に盛り込んでいるわけです。

ただし、これが臨床上全くと言っていいほど的が外れていると言わざるを得ません。柴胡加竜骨牡蛎湯の適応症は、体力の有無で論じられるものではないからです。

確かに桂枝加竜骨牡蛎湯は「虚」つまり「虚労(きょろう)」と呼ばれる一種の疲労状態に対して効果を発揮する処方です。しかし、柴胡加竜骨牡蛎湯は必ずしも「充実」した体力を持つ方だけに使う処方ではありません。

先に述べたような自律神経(交感神経)の極端な過敏・興奮状態は、きっかけさえあれば体力の有無に関係なく生じる可能性があります。確かにそれに陥りやすい体質とそうでない体質との違いはあると思います。ただしそれは体力の充実・虚弱によるものではありません。そういう現実が実際の臨床にはあるのです。

例えば比較的体力の弱い方で、桂枝加竜骨牡蛎湯を服用して調子が良かった方がいたとします。そういう方であっても、身体を極端に興奮状態へと陥らせてしまうきっかけさえあれば、柴胡加竜骨牡蛎湯の適応病態へと移行してきます。

この時、「患者さまの体力が充実してきたから柴胡加竜骨牡蛎湯の適応病態へとお体が移行した」というわけではありません。柴胡加竜骨牡蛎湯が適応し始めたのは、「体力を回復している場合ではない」という状態に移行したからです。これは臨床において私が実際に多く経験する事実であり、この時体力はむしろ落ちている傾向さえあります。

そもそも柴胡加竜骨牡蛎湯は実証に適応する、つまり虚弱な方には使えない、そう言われている根拠はどこにあるのでしょうか。

それはおそらく、処方中に「大黄」という生薬が内包されているという点にあります。大黄は下剤として便秘の方に良く用いられる生薬であるため、胃腸虚弱な方では下痢をさせてしまうから柴胡加竜骨牡蛎湯は使えないという解釈に基づいています。

しかしそんなことは決してありません。胃腸が虚弱な方でも便秘になるケースはあり、かつ程度な大黄によって心地よい便通が付くこともあります。大黄は実証の方にしか使えないという根拠はおおむね間違っています。大黄の量や使い方を調節すれば良いだけの話です。

柴胡加竜骨牡蛎湯はエキス顆粒剤にしても大黄入りのものとそうでないものとがあります。ですので、もし大黄が気になるのであれば大黄抜きの処方を使えばそれで良いわけです。大黄が入っていなければ柴胡加竜骨牡蛎湯ではないと固定して考えるのは、やはり建前上の解説です。臨床の本音としては、そのような考えではこの処方の薬能を十分に発揮することができないと私は感じます。

3、そのまま使っても効果は出ない。方意の理解が必須となる処方。

前述の通り、柴胡加竜骨牡蛎湯の適応症、その最大のポイントは「胸満煩驚(きょうまんはんきょう)」にあります。自律神経が極端に過敏になり、心身ともに不安感や焦り・イライラといった興奮状態へと陥っている状態に適応します。

ただし「胸満煩驚」と言っても、それだけではなかなか分かりにくいと思います。そこでもう少し、この状態を症状的に詳しく説明してみましょう。

私の経験では、概ね以下のような症状として、この状態を訴えられえる方が多いと感じています。当HPにおける柴胡加竜骨牡蛎湯の解説より引用してみます。

〇柴胡加竜骨牡蛎湯
自律神経の過敏・興奮状態に適応する処方。自律神経失調症のみならず、動悸・呼吸のしづらさ・胸苦しさを主とする心臓神経症や不安障害にも運用する場が多い。自分でもどうしてしまったんだろうと感じるほどに、心身ともに強い過敏状態に陥ってしまったときに用いる方剤である。一つのことが気になりだすと止まらず、焦り、不安になっていてもたってもいられなくなる。少しのことで驚きやすく、動悸して息苦しい。小さな物音が気になって眠れない。横になっても身の置き所がなく、手足がはばったく重い。甚だしいと手足に力が入って上手く動かせず、胸脇部が苦しく体をよじって伸ばしたくなると訴えることもある。動悸や息苦しさ以外にも、頭痛・耳鳴り・めまい・不眠・不安感・焦燥感・イライラなど様々な症状を出現させる病態に適応する。

(当HPの病名別解説・自律神経失調症より抜粋)

これをご覧になっている方の中には、私、もしかしたら柴胡加竜骨牡蛎湯が合うのではないかと、思われた方もいらっしゃるかも知れません。しかし、ここで重要なことを最後に説明しなければなりません。この処方は、そのまま使ってもあまり効果が出ないという特徴を持っています。

柴胡加竜骨牡蛎湯は、実は改良ありきの処方です。そのまま使ってもほどんと効果を発揮することができず、的確な改良を行うことによって初めて効果を発揮できるという特徴をもっています。

例えば、柴胡加竜骨牡蛎湯を使用する際は、その方の状態に合わせて他の処方と合わせて用いなければなりません(これを合方といいます)。これが的確に行われた時とそうでない時とでは、この処方の薬効発現に雲泥の差が出てきます。

したがって柴胡加竜骨牡蛎湯を固定した処方として捉えてしまうと、いつまでたっても現代に応用することができません。他の処方とくらべても特にそういう性質を帯びている、柴胡加竜骨牡蛎湯を使用していると、そういう印象を如実に感じるのです。

本来、薬としては使用しやすいのに越したことはありません。しかし柴胡加竜骨牡蛎湯は決して簡単かつ使いやすい処方ではありません。なぜこのような特徴を持っていしまっているのか、それはこの処方がそもそも「特殊な状態を改善するために作られた処方」だからです。

柴胡加竜骨牡蛎湯はかなり特殊な条件において作られた処方です。感染症に罹った後に、無理やり下剤をかけたことで体が異常なまでの興奮状態に陥ってしまった際に用意された処方なのです。

柴胡加竜骨牡蛎湯には本来、中毒性のある鉛丹(鉛)が入っていました。つまり、そこまでして沈静化させなければいけないような興奮状態に使用されていたわけです。おそらく現在ではここまで過剰な状態にはそうそうならないと思います。なったとしてもそれはすでに漢方治療の範疇ではなく、西洋医学にて全身管理を必要とする状態です。

当然、現在の柴胡加竜骨牡蛎湯には鉛丹は入っていません。つまり、この処方自体も作られた当時と比べてれば変化しているわけです。かなり極端な状態に使っていた処方だからこそ、それをいかにマイルドに、かつ現代の患者さまに合わせて的確に合わせていくことが必要になります。したがって、合方や加減を行って対応しなければいけないというのは、この処方にとってはごくごく当たり前のことだといえます。

■効かない薬と効く薬

当薬局にお越しになる患者さまは、すでに他の医療機関で漢方薬を飲まれていた方たちが多いのですが、その中で「服用したけれど効かなかった」といわれることの多い処方がいくつかあります。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)など、そして今回解説した柴胡加竜骨牡蛎湯もまた、そういう「効かない薬」として取り上げられることの多い処方です。

しかし、これは本当はそうではないのです。これらの処方が効かないのではなく「効かせる使い方が出来ていない」という側面が多分に含まれているのです。

事実、柴胡加竜骨牡蛎湯が効かなかった方であったとしても、柴胡加竜骨牡蛎湯をしかるべき形で使用したら著効したということが良く起こります。漢方処方にはそれぞれ創作者の意図、つまり「方意(ほうい)」があります。この処方が現代まで続いてきた歴史からそれを学び、さらに現代に正しく応用できる形で運用できてこそ、漢方薬は初めて薬としての本質を発揮してくれるのです。

柴胡加竜骨牡蛎湯は確かにその使用に際してコツを要する処方です。決して簡単に運用できる処方ではありませんが、その一方で、これでなければ改善できないという病態が現代でも存在する大変重要な処方でもあります。

現行の解説のみならず、より深く処方を理解していく試みが必要です。そうしなければおそらく、漢方処方のいくつかは、今後の歴史から消えていくことになると思います。



■病名別解説:「自律神経失調症
■病名別解説:「パニック障害・不安障害
■病名別解説:「心臓病・動悸・息切れ・胸痛・不整脈

※参考
〇漢方治療の実際 ~「漢方」と「中医学」との違い・前編~
〇漢方治療の実際 ~「漢方」と「中医学」との違い・後編~

【漢方処方解説】桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)・前編
【漢方処方解説】桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)・後編

タイトルとURLをコピーしました