漢方坂本コラム

梅雨

言わずもがな、今は梅雨。 梅雨なら梅雨で、はっきしりして欲しい、と思う。 雨かと思ったら晴れ、晴れたと思ったら曇る。 あ...

■症例:多汗症・のぼせ

18歳の男の子。日常的に、とにかく汗が止まらないと困られていた。お話ししている最中でも、ずっと頬に赤みをさしているのが印象的たった。良く聞くと、口が渇くという。主にお小水の出方について詳細なヒアリングを行い、漢方治療を開始した。今日が4回目の来局となる。

感じる力 2

(前回の続き・・) 言葉に縛られていたら、世界観を見失います。 古典はただ言葉をパズルのように解釈しているだけでは、読め...

感じる力 1

大切なことを伝えたい、 正確に伝えることは難しいけど、伝えたい・伝えなければいけないという時、 人はそれを、絵や映像や音...

赤ら顔

「赤ら顔」や「酒さ様皮膚炎」にお悩みの方から、多くのお問合せを頂いております。 もともとご相談を受ける機会の多い病でした...

moxies鍼灸院

東洋医学の中でも、直接人にふれることで施術を行う「鍼灸」。 故に、その施術者の「腕」がはっきりと出やすい治療法でもありま...

期待

山梨県甲府市という非常にマニアックな場所にもかかわらず、 わざわざ遠方よりお越しいただけることに、感謝の気持ちでいっぱい...

これから漢方を志す方々へ 12

「中医学」と「漢方(日本伝統医学)」どちらを勉強したら良いでしょうか?という疑問に対して。回答は、「両方」、です・・・。そしてどちらが先だって良い。要は、両方知ることが大切です。中医学を知ると、漢方(日本伝統医学)のことがより深くわかります。漢方(日本伝統医学)のことを知っていると、中医学のこともさらに深く理解することができます。そして大切なことは、漢方も中医学も、決して完成されたものではない、ということです。

これから漢方を志す方々へ 11

「中医学」について。今まで解説してきた本は、ほとんどが日本で培われてきたものを主にしています。しかし昭和時代中頃から後期、そして平成に移るにつれて、いわゆる「現代中医学」の理解が日本でも急速に進んできました。そして今では「中医学」を主として診療に当たられている先生方が相当数おられると思います。「中医学」と「漢方(日本伝統医学)」、どっちを勉強したら良いでしょうか?

これから漢方を志す方々へ 10

『傷寒論(しょうかんろん)』や『金匱要略(きんきようりゃく)』そして『黄帝内経(こうていだいけい)』といった東洋医学の思想・哲学を構築するための礎(いしずえ)になる古典。漢方を勉強するにあたって重要であることは分かるけれど、漢文であったり内容が難解であったりします。そんな古典の読み方。そして古典はいつ読むべきなのか。自身の経験を踏まえて、独断で言わせてもらえば、「常に、読む」これが回答です。